blog

ブログ

かほく市の住宅支援

2018年09月20日

こんにちは!富商不動産です。夏日が続いた先月から比べるとずいぶん過ごしやすくなってきましたね。

さて、今回はかほく市の住宅支援についてお伝えしたいと思います。

若者マイホーム取得奨励金制度

かほく市内において借入れで住宅を新築または購入し、その場所に住所を有する方で、契約締結日の年齢が45歳未満の方に対する助成金制度です。条件によって助成金の額が決まります。

かほく市木の家づくり奨励金制度

地元産材(金沢森林組合産のすぎ柱)を使用する木造住宅を新築・増築・改築する市民に対し、奨励金を交付する制度です。

空き家に関する制度

・空家バンク制度

空き家を所有する方で、賃貸または売買の希望がある方に、空き家バンクに登録していただき、市や石川県のホームページなどに掲載して、地区とのお付き合いを大切に考える方で、空き家を借りたい人や買いたい人に情報を提供していく制度です。

・空家等除去支援補助金

空き家の所有者が行う空き家の除去費の一部を補助する制度です。解体前に申請することが必要です。絵補助金額は工事費の1/2・限度額50万円です。

・かほく市空家等改修支援補助金

空き家バンクに登録された空き家について空き家の所有者等、購入者、借家人が行う改修費の一部を補助する制度です。補助額は事費の1/2・限度額30万円です。

・かほく市空家等家賃支援補助金

空き家バンクに登録された空き家について空き家の借家人に家賃の一部を補助する制度です。月額1万円を限度とし24か月間までとなっています。

耐震に関する支援

昭和56年5月31日以前に建築された階数が2以下の戸建住宅の簡易診断や耐震改修工事に要する費用に対し、補助制度があります。

〇簡易耐震診断制度・・・図面ありの場合自己負担なし 図面なしの場合自己負担5千円

〇耐震診断制度・・・耐震診断に要する費用の10分の9(限度額10万円)

〇耐震改修及び段階的耐震改修・・・重点地区:耐震改修に要する費用の3分の2(限度額70万円)一般地区:耐震改修に要する費用の3分の2(限度額50万円)

高齢者等に対する支援

介護を要する高齢者及び身体に障がいのある方が自宅において、安全で快適な生活を営むことが出来るよう生活の自立を支援するため、住宅を改造(リフォーム)する経費に対して助成金制度があります。

・自立支援型住宅リフォーム推進事業

その他の住宅支援

・かほく市住宅用自然エネルギーシステム設置費補助金

・水洗便所等改造資金『融資あっせん』制度及び『助成金』制度

以上のようなものが補助金制度としてあります。各奨励金・補助金には、様々な条件がありますのでかほく市のHPなどで確認してみるとよいでしょう。