blog

ブログ

七尾市の住宅支援

2018年11月15日

こんにちは!富商不動産です。あれだけ暑かった夏でもやはり秋がくるんだなぁと実感するこの頃の管理者です。さて今回は七尾市の住宅支援についてお話したいと思います。

定住促進住宅取得奨励金

金融機関などで資金を借り入れて延べ床面積が70㎡以上の住宅を新築または購入した方に対する奨励金です。申請期間は登記完了後3か月以内となっています。購入者の条件によっては加算もあります。

七尾奨励金

(七尾市HPより)

まちなか区域における住宅支援

まちなかの指定する区域において狭隘道路(道幅4m未満も市道)の解消のため道路拡張を促進する方への奨励金の交付制度があります。

・まちなか住宅建設用地売買奨励金

・まちなか共同住宅建設奨励金

転入者に対する住宅支援

七尾市では石川県外から七尾市に転入し、一戸建て住宅を新築したり、中古住宅を購入した人に対して、最高100万円を支援(住宅取得補助)が、また民間賃貸住宅へ入居した人に対して、最長3年間、月額1万5千円を支援(住宅家賃補助)があります。

  • ・転勤や就学などの一時的な居住ではなく、七尾市に定住する意思があること
  • ・転入前10年以上継続して石川県内に住んでいないこと
  • ・本人が契約者となり、主として経費を負担していること
  • ・転入後、3年以内に住宅を登記したもの(住宅取得の場合)
  • ・市税などを滞納していないこと

※中古住宅については空き家バンクに登録されているものに限るので注意が必要です。また賃貸住宅家賃助成金との併用はできません。

賃貸住宅家賃助成金

民間賃貸住宅(集合住宅や一戸建て住宅)に住む、子育て世帯や新婚世帯であり、かつ低額所得の世帯を対象に、家賃の一部を助成する制度があります。

  • ・子育て世帯・・・世帯主の子供(中学生以下)と同居する世帯
  • ・新婚世帯・・・夫婦のいずれかが初婚で婚姻してから3年までの世帯
  • ・低額所得世帯・・・入居者の所得合計が月閣で15万8千円以下の世帯

七尾産材使用住宅助成金制度

七尾市内に居住するため、七尾市産材を5㎡以上使用した70㎡以上の木造住宅を新築(建売住宅の購入も含む)する方に対し、1戸あたり10万円の補助金制度があります。(ただし、石川県が実施している「いしかわの木が見えるたてもの推進事業」に補助金の申し込みをした住宅とします。)

三世代家族住宅リフォーム奨励金

新たに三世代で同居、準同居を始める世帯や、結婚を機に親と同居、準同居をする世帯で、住居の増改築などの工事をした人に対する奨励金があります。

準同居・・・それぞれの建物が直線距離で50m以内に居住していること

耐震に関する支援

昭和56年5月31日以前に建築または工事に着手した木造住宅に対し、簡易診断の助成、耐震設計への助成、耐震改修への助成があります。

高齢者等に関する住宅支援

介護保険制度で要介護または要支援の認定を受けた人がいる市民税非課税の世帯で、介護が必要な高齢者が住んでいる住宅をリフォームする場合に、費用の一部を助成する制度があります。

・自立支援型住宅リフォーム推進事業

環境対策・その他の支援

そのほか下記のような支援があります。

・住宅用太陽光発電システム設置補助金

・水洗便所等改造資金に伴う利子補給制度

・下水道等排水設備工事費補助金制度 など

 

トップ
ニュース

2023/01/10

=謹賀新年=